メゾンダンドアの顔

奉仕の精神と才能が繰り出すサービス

メゾン・ダンドアでは、オーブンで焼きたてのフレッシュな甘くて香ばしいアロマと手造りならではの不揃いの形をしたビスケットが皆さんをお迎えします。180年間6世代渡って引き継がれてきた技術と伝統は、いまなおブリュッセルのアトリエで職人達によって受け継がれ、100%自然由来の材料を使った手作りのお菓子をお届けしています。真心のこもったダンドアの商品はお買い上げ頂いた皆さんを愛情で満たしてくれる、そんなお菓子です。

 
Our Chef

Our Chef

サレム・サシイ:20数年前にパティシェとしてメゾンダンドアに入社、彼の経験とプロフェッショナリズムによりメゾンダンドアのプロダクションチームは統括され、高品質の商品を市場に提供し続けています。2008年に製造責任者に任命されたサレムは、製造にかかわるすべてのメンバーが創設以来の伝統や価値観そして高い製造技術を習得できるように、日々教育指導に熱心です。その熱意と、チームワークのおかげでメゾンダンドアは2011年にHACCPのライセンスを取得することが出来ました。

Our Chef

Our Second

パスカル:メゾンダンドアの看板とも言えるバターストリートのショップへ入社、その後かれの意向によりプロダクションチームのメンバーとして2000年にアトリエへ移籍。パティシェ兼ショコラティエのパスカルは精密かつ正確性を重視する性格の持ち主です。2008年以降サレムの右腕としてメゾンダンドアが6世代にわたって守り続ける価値観を共に受け継ぎ、多様化する消費者のニーズに見合った商品の開発に取り組んでいます。

Our Chef

Daniel

ダニエル:15歳でメゾンダンドアの製造部門へ入社、40年後の今も現役で勤めるダニエルは70年代以降のメゾンダンドア・アトリエの歴史を受け継ぐまさに生き字引、メゾンダンドアになくてはならない存在です。生涯を通じて、メゾンダンドアの伝統や価値観を守り続けるダニエルは、昔ながらのクッキングレシピーや一般には公表されないダンドアビスケットならではの美味しさの秘密を誰よりもよく知っています。特にパン・アラ・グレック、グリークパンに関して彼以上に知識と技術を持った職人はいないでしょう。

Our Chef

Christine

クリスティーヌ・ロンバウト:6代目ダンドア、「この世に誕生して以来常にメゾンダンドアの価値観を教え込まれ、ビスケットビジネスの道を歩み続けています。本物ならではの価値と品質を常に念頭におき、メゾンダンドアと共に成長してゆくことが私の人生です」と語るクリスティーヌ。彼女は当主であると同時に、ベルギーのセールスやショップ・レイアウトの責任者でもあります。さらには、彼女はメゾンダンドアの嗅覚、「鼻と口」と言われており、ビスケットを見ただけで、出来具合や陳列するタイミングがわかる、まさに熟練者のみが持つノウハウ、経験を活用し、安定した高品質の商品を提供することに貢献しています。彼女の好きなビスケットはアーモンドブレッド、チョコレートオレンジーヌとレモンサブレ。

Our Chef

Bernard

バナード:妻のクリスティーヌと彼女の姉キャサリンの父親である5代目ジャン・ロンバウト・ダンドアの後継者として1984年にメゾンダンドアに入社。生産と総務を数年掛け持ったのち、1998年に会社の社長に就任。それ以来、彼特有の判断力と野心を武器に、メゾンダンドアを7店舗40名の従業員を抱える中小企業へと発展させる。バナードに好みのビスケットを尋ねたところ「自社の商品から特定の商品を自分の好みとして選択することは難しい。しかも、好みはその日の気分、季節や天候によって左右されるからなおさらだ。しいて選ぶとすると、アーモンドブレッドとサブレ、というところかな。」という答えが返ってきた。

ビスケットが繰り広げる限りない至福の味わいをお楽しみ下さい。

購読希望者の皆さんへ、プロモーションなどのお知らせをニュースレターにてお届けいたします。