伝統の技

スペキュロース、グリークパン、アーモンドブレッド

スペキュロース、グリークパン、アーモンドブレッド、この3種類はメゾンダンドアには欠かせない存在、日本の文化でいうところの侍に匹敵します。

 
Speculoos

Speculoos

メゾンダンドア伝承のスペキュロースはビスケット造りに精通したパティスリーシェフによって全行程、手作業で造られます。丹念に仕込まれたビスケットの生地を木型をつかって様々な形に整えます。独特のアロマが昔から変わらないオリジナルのスパイスミックスによって醸し出されます。型取りされたビスケットの生地はオーブンでおよそ15分ほど焼きます。その間もシェフはオーブンから目を離すことなく、最高の状態に焼きあがるように見守っています。ビスケットの焼き加減はメゾンダンドアのおいしさの秘訣と言っても過言ではないくらい、芸術的センスと経験によって大きく左右されます。

Speculoos

Pains à la Grecque

パン・アラ・グレック、グリークパンは他では味わうことのできない、メゾンダンドアオリジナルの商品です。この商品にはグリーク、ギリシャと言う名前がついてはいるものの、実際ギリシャとは縁もゆかりもありません。このミステリアスなネーミングは、ブリュッセル在住のフレミッシュ(ベルギーで使われるオランダ語の派生語)スピーカーのアクセントを誤って翻訳したことに起因します。16世紀、ウォル・フェン・グラハト通り(フランス語ではフォセ・オー・ルー通りと呼ばれる)、現在のモネ劇場の隣に位置する道の近所に住むオーガスティンと言う僧侶が'bruut van de Grecht'と言うパンを貧しい民に配っていました。その後、この地域にフレミッシュのわからないフレンチスピーカーの住人が増えてきて、いつの日か、'bruut van de Grecht'の、’Grecht’がギリシャを意味するグレックに近い発音に聞こえることから、グリークパンと言うネーミングが定着したようです。

Speculoos

Pains d'amandes

アーモンドブレッドはスペキュロースの生地をベースに造られます。まったく同じ生地を使いますが、フレッシュアーモンドを丸ごと練りこみ、一晩冷蔵庫で寝かせる手間が加わります。翌日生地はスライスされてオーブンでこんがり焼かれます。このひと手間がスペキュロースとはことなる風味のビスケットを造り出します。

ビスケットが繰り広げる限りない至福の味わいをお楽しみ下さい。

購読希望者の皆さんへ、プロモーションなどのお知らせをニュースレターにてお届けいたします。